民主的なインスタンス運営について


#1

そもそもマストドンはTwitter含む企業経営のSNSの独裁国家じみた運営方式、意思決定などの反省を踏まえて独裁に陥らないよう、そのインスタンスの運営が気に入らなければ独立することができるのが強みだと思います。
しかしながら、幾つかのインスタンスではTwitterのそれほどではないにせよ独自のルールを定めたりしている以上、ユーザーの反発は避けることはできません。
そもそも選択肢のあるマストドンはインスタンスを選んだ時点で管理者への信任を問うています。また離反も容易に可能です。
そんな中で全てのユーザーのためになる運営方針を決めるために管理者だけでなく全てのユーザーによる民主的な意思決定は不可欠だと思います。

民主的な国家の運営に必要なものは以下の3つです。

  1. 首長への信任
  2. 民衆の代表の合意による意思決定
  3. 民衆の代表の決定権

正直日本で民主主義をただの多数決だと勘違いして、きちんと理解できていない人は少なくないと思います。
必要なのは実際の意見の多寡をきちんと議論に反映させること、少数派を含む原則全会一致です。それができないならルールを通すべきではありません。従って全ての参加者には異なる意見に対してきちんと折り合いを付けることができなければなりません。
本来マストドンの運営はそうした民主的制度とシステムを整えて行うべきです。如何に開かれたSNSとは言っても、運営を暴走できるようにすればゴルスタのようなインスタンスができかねません。
例えば @nullkal さんのTwitterの投稿を自動ポストするbotへの規制なども十分にユーザーの理解を得たうえで行われているのでしょうか?
その他のインスタンス、大手のインスタンスは言わずもがな、民主的システムを考えるどころかTwitter社の制約を逃れてやりたい放題するために作ったインスタンスは全て暴走する危険性があると危惧しています。
故に私は 全てのインスタンスへの制約として何らかのシステムを考えるべきだと思っています。


#2

現実の世界では、国家や自治体の枠組みが決まっているため「嫌なら出ていけ」が通用しませんが、インスタンスにおいてはそれが可能です。
もちろん、あまりにも独りよがりな運営を行うと、全員が出ていってお一人様インスタンスに成り果てるでしょう。
その世界が管理者の望んだ姿なのであれば、そこは管理者にとって幸せな場所なのでは。

暴走するインスタンスへの制約として、ドメインブロック機能が既に有るのではないでしょうか。
ドメインブロックでは何か不足しているでしょうか?


#3

“暴走” の意味するところをうまく規定するのは難しい気がしますが、私は社会的な悪という概念を技術面から規制するのには反対の立場です。

たとえば典型的には中国(?)か北朝鮮、あるいは腐った組織(特定の組織を指しません)などのように、国家や社会規範を規定する側が横暴であったり“暴走"することは十分にありえますが、そのとき民衆を守る有効な媒体として、国家や権力者のような人々による規制が原理的に難しいメディアが有力なはずです。

分散 SNS の思想も、ユーザが自分以外の誰にも制限を受けない、つまり(お一人様インスタンスによって)統治者と被統治者を一致させることによりユーザが自由を獲得する、という面があります。
これを実現するためには、お一人様インスタンスのユーザは(理想的には)自分や法律以外のいかなるものからも制約を受けるべきではありません。
すなわちシステムによってインスタンスに制約を課すのは「ユーザに自治/自由を与える」という分散 SNS の意義のひとつを無効化するもので、このような事態は権力者が運営者から実装者に移動しただけで、本質的には中央集権的統治への逆行ではないかと考えられます。

もちろん、ユーザや管理者の自由には責任が伴いますし、たとえばテロリストが分散 SNS を使って広報を行っていたなどの例もあります。
しかしそれは各インスタンス管理者の責務においてブロックされるべきもので、技術的に禁止されるべきではありません。
(もしテロリストの活動を技術的に制限できてしまうのであれば、たとえば政治的腐敗を正そうとする活動家の活動も同様に技術的に制限できてしまうことになります。これでは運営者の一存で締め出しを行えてしまう twitter 等と何が違うのでしょうか。)

長々と書きましたが、私もインスタンスの自治・統治は重要な事項であると考えていますし、 Mastodon を含む分散 SNS がそのなかで果たすべき使命、満たすべき性質として、ユーザが(インスタンス管理という責任を果たすことによって)自由を獲得できるべきである、とも考えています。
よって、いかなる理由であれインスタンスに対してシステムによる制約をかけることには賛同しかねます。

(まあ本当は、問題を根本からなくすためにはちょっと原理主義的ですがお一人様インスタンスこそが最適かつ本来意図された在り方だと思っているのですが、このスレで語るようなことでもなさそうなので参考までにということで……)


#4

Mastodonは自由です。
民主主義のようなシステムを実装して運用したいのであれば、そういったインスタンスもありでしょう。
しかし、それを強制することはできません。
Mastodonをどう運営していくかも自由だからです。


#5

関連:


#6

Twitter含む企業経営のSNSの独裁国家じみた運営方式、意思決定などの反省を踏まえて独裁に陥らないよう、そのインスタンスの運営が気に入らなければ独立することができるのが強みだと思います。

MastodonはTwitterのような独裁的な運営が可能であるし、それこそ民主的な運営だって可能です。言うとおり、独立も可能です。
ゆえに民主的でなければいけないというのは少し違うと思っていて、全てを選ぶのはユーザなわけです。

私達が住むこの世界においては人間が"この主義は嫌だからこの主義のところにいく"というような行動が容易ではないゆえに民主的制度がある程度正解のように思われていますが、Mastodonではそもそも行き来が自由に可能であることを考えると民主主義が必ずしも正解だとは思っていません。
"ここのインスタンスが気にいらない"のならそこのインスタンスを出ればいいだけです。
代わりのインスタンスを要求するのであればそれを探すのもユーザがすることであって管理者に要求するものではないとも思います。(まぁ代替インスタンスの紹介くらいはしてもいいとおもいますが)


#7

分かってない。誰も分かってない。
分散型だからこそ民主的でなければならないんだ。システムとして管理者が何でもできる仕組みではインスタンスは必ずユーザーを不幸にする。
逃げられるからそれで良いではない。逃げられるとわかっているから対等になれただけでそこからきちんとした仕組みを作らなきゃならないはずだ。


#8

"システムとして管理者が何でもできる仕組みではインスタンスは必ずユーザーを不幸にする"というのは、一体どういうことでしょうか。
インスタンスやユーザとはどのようなものを考えているのか気になります。

"分散型である以上民主的でなければならない"に関してもう少し解説を頂きたいです


#9

みんな、自由と無秩序を履き違えてる。
マストドンは自由だが、自由とはルールがあり、それによって保証されるものだ。
ルールのない自由はただの無法、アナーキズムだ。


#10

インスタンスがユーザを不幸にするとは、具体的にどのような事態でしょうか?

たとえば私は原理主義者なのでお一人様インスタンスについて考えます:

  • ユーザ(自分)が自分用のインスタンスを運用する
  • 興味のある(そして社会的に有害でない)ユーザのみをフォローする
  • 有害なユーザやインスタンスからのアプローチがあればブロックする

このような運用を行っていれば、少なくとも自分は危険に近付かずに社会秩序を破壊しない SNS として成立する運用を行うことが可能ですし、少なからぬお一人様インスタンス管理者もそのようにしていると思います。
これは、ユーザの自由を最優先として設計した分散 SNS のシステムだからこそ為し得るものです。
matyapiro31 さんの言う「不幸」とは、たとえばこのようなお一人様インスタンスに対して強力に影響するものでしょうか?

個人専用でない寄合所帯インスタンスについては、ユーザと統治者の不一致からある種の問題が発生するであろうということは想定されますし私も認めるところですが、これは思想と運用の乖離に起因するものであると考えますし、個人インスタンスを立てれば回避(解決)可能なものであるように思われます。
(私の意見を暴論として解釈すると、「インスタンス運営という責任を果たさないユーザには、完全に思い通りの治安という自由(を享受する権利)は手に入れられない」という権利と責任の話になるかもしれませんが、簡潔にはそういうことで、責任を果たしさえすれば権利は手に入るし、そのとき問題は起きないのであればこれは本質的にマストドンの問題ではないのではないか、ということです。)


#11

どちらの意見が正しいとかの前に、双方の議論の焦点がズレてますね。
トピ主さんはマストドン全体のことに対してトピを立てたのではなく、今回のぬるかる氏の言動に対して言及している節があります。

他の方々はマストドン全体のことを見渡し、JP内のユーザーを許容しつつ新しいインスタンスを立てるなどの解決策を提案している。

見ている方向性が異なったままでは議論は平行線のままかと。


#12

私の視点からいくとぬるかる氏の言動を発端としているだけであって、matyapiro31さんは全体のことを考えているように思えます。
運営方針としてどうあるべきか、というものに関しての問題提起(?)かと。(わたしはmatyapiro31さんではないのでわかりませんが)


#13

システム的にどういう風に仕組みを設けたとしてもユーザーの意見を採用しない運営者はいると思うし、それでも付いて行くユーザーもいると思います。だからそういう人はそれでいいと思いますが、マストドンは大きくなりすぎてユーザーの意見が届かなくなったシリコンバレー製SNSに対する反省によってここまで大きくなったと思います。
法、、制度、規約というものは後出しでは誰も納得しないものです。
参加してから急に仕組みを変えられると反発する人は必ず出てきます。
だからこそ初めからできるかぎりユーザーの意見を反映できる仕組みを持つ必要があると信じています。


#14

冷静になってください


#15

:thinking::thinking::thinking:


#16

単純に一部インスタンスで実装されている投票システムが標準機能で有ればいいな、という話なんでしょうか?
でもそれだと、多数決になっちゃいますし。
流れが速いマストドンTLで、議論が難しいというのもありそうです。
マストドンに掲示板機能も必要、みたいな話なのでしょうか?


#17

単純な多数決の話でもないですね。

まず、インスタンスに人が増えてくれば必ずサイレンスなり処分をしなければならないような振る舞いの悪い人が出てきます。
そういう人を管理者が独断で判断して処分します。
すると今度は「そんなルールはない」などとゴネる人が現れます。
仕方なく管理者がルールや規約を作ると、今度は「そんなルールは反対だ!俺は出て行く!」と言い出す人が現れます。

これが「インスタンスがユーザーを不幸にする」仕組みです。
しかしだからといって放置するのでは雰囲気がどんどん悪くなるだけです。2chのように自主的に対処する必要に迫られます。
だからこそまず頭ごなしにルールを決めるのではなく、ユーザーの意見を聞く仕組みが必要なのです。
しかしそのユーザーの意見を聞く仕組みを作ろうとしても、その仕組み自体への不満が紛糾すれば肝心の仕組みも作ることができなくなります。
故に民主主義的な制度は始めから用意しておく必要があり、それを隠さずに登録希望者に提示できなければなりません。
集中型であれば一旦我慢して参加して、途中から不満を爆発させることがあるかもしれませんが、分散型であれば、最初に提示されているのであればそこを選ばないと言う選択肢もあるはずです。
故に分散型でこそ民主的制度が必須なのです。


#18

だからこそ初めからできるかぎりユーザーの意見を反映できる仕組みを持つ必要があると信じています。

例えば利用規約として「インスタンスの利用ルールを変更する場合は必ず告知しなければならない」とか「ユーザーの一定以上の支持を得なければ利用ルールの変更は行えない」などが盛り込まれている、とかになるんでしょうか?(Just Ideaですが

機能の面では他の方の指摘にもある通り投票機能とかになるのかなと思いますが、これも指摘のあるとおり制約にはなりえませんし。あとは運営とユーザー双方の約束としての規約などになってくるのかなーと考えました。

ただ、「過半数の支持を得なければ〜」とかは全ユーザーからの返答を得るなどの難しさがありそうですし、逆に運営者の改善サイクルを落とすなどのネガティブな面のほうが強そうです。
他に思いつくアイデアとしては「機能追加・仕様変更する際は必ずユーザーに意見を求めましょうね」とするとか、「運営は個人ではなくユーザーから選出した数名による合議制とする」とかですが、どれも運営コストが上がるデメリットのほうが大きく、結果としてインスタンス運営に手を出しづらくなり、そもそもの分散型のメリットを活かしづらくなってしまいそうです。

そう考えると何人かも指摘しているとおり「嫌なら去るのが簡単」というのは現実の国や社会では取りづらいウェブならではのアプローチで、かつユーザーの意見を反映するやり方としてはこれ以上無いようにも思いますね。
大規模化したインスタンスでは必ずしもその通りではないかもしれませんが。


#19

「インスタンスは管理者の所有物である」という捉え方と、「管理者が公開している以上、公共物であるべき」という捉え方がぶつかっているような気がします。

前者は前者として、後者という前提に立って自分がそういうインスタンスを立てたいと考えたとき、確かに現状は参加者に信を問いかけるシステムがマストドンには用意されていません。
しかし、システムとしてマストドンに組み込まれるべきか?と聞かれると、他に掲示板のシステムがある中で、敢えてマストドンに実装するべきかというと、うーんという気がします。


#20

その全ての意見を反映する難しさにどう折り合いを付けるかというのも初めから提示する内容に含まれると思います。
例えば全ユーザーによる投票で決めると規約に書いておけばそれに納得したユーザーのみ参加してくれる(はず)で、
ユーザーの不幸を最小限にできると考えます。
インスタンスの離脱も最終手段としてあるだけでそのユーザーからしても離脱はしたくないはずです。
どうでしょうか。