民主的なインスタンス運営について


#41

だからそれでは民主主義がダメかどうかではなく別の方法を考えて欲しいと言ってるんです。


#42

例えばゴルスタのような一方的で過剰なBAN、Twitterの丸アイコン化のような突然の不可抗力的な変更、Weiboの実名強制などです。(法律が原因だけど)


#43

インスタンス管理者の暴走を止めるには、みんなが出ていってやり方が間違っているんだと気が付かせることだけど、出ていくコストは避けたいとなると、普通にリプライするぐらいしかないのでは。
マストドン本体システムにどうこうしたいわけじゃないみたいだし、止めようが無いと思います。


#44

民主主義が素晴らしいと考える人々は常に民主主義を維持するために行動しなければなりませんし、そうしなければ民主的なマストドンというものも数を減らすのは明白でしょう。

Webサービス上においても常に民主主義を望み、ユーザ主権の運営を求める人々はそのような運営を行うインスタンスを造り、そこを利用すればよいでしょう。それは個人の自由です。
逆に、税金を取られているわけでもないし、現状何か弾圧されているわけでもないし、運営者の一存での運営で問題が起こっていないと考えるユーザは、運営者の一存に従えばよいでしょう。それも個人の自由です。

前者のような思いを抱くユーザが増えれば、自然に民主的なインスタンスが増えるでしょう。現状では後者の考えを抱くユーザが多いというだけの話であり、実際に運営者の一存による運営によって何か深刻な被害を被ったり、迫害を受けたりするユーザが多くなれば、ユーザたちは自然に民主主義を求めるでしょう。


#45

その場合中央集権的サービスにおける運営側の改定だとは思うのですが、分散型のサービス(?)であるMastodonでは他のインスタンスを選ぶということも可能なはずです。
加えて、リモートフォローもできますしアカウントのエクスポート/インポートも可能です。そのインスタンスを抜けてから新しく別のインスタンスで不可能なことと言えば過去のインスタンスのLTL/FTLを見ることやtootの履歴がなくなってしまう(これはいろいろ話されていますが)ことでしょう。

管理者が暴走した場合、
ゴルスタでは代替の同じものがないため手段としての離脱はユーザにおける不幸でしょう。
Twitterの丸アイコン化もTwitterに代替されるものがないので手段としての離脱はユーザの不幸でしょう。
Weiboは…色々あるので同列にならべてもいいことがないので省きます。
しかしMastodonでは代替となるインスタンスが存在するはずです。その場合、離脱はユーザの不幸でしょうか。
ユーザには多数の選択肢がありますが、多数の選択肢のなかでも困難である"ユーザが管理者の暴走を止める"を選ぶのであれば他に賛同者を見つけるくらいしかわたしには思いつきません。

#管理者が暴走した場合に別なインスタンスに選択に足るようなものがないのが嫌だから、(他のインスタンスでも)民主主義のような運営方針をということでMastodon全体の話にまでなったのかもしれませんが。
#加えて、当該事案を以って"管理者の暴走"というのはあまりにも主観的すぎるため(個人的に"暴走"の例としては)受け入れがたいものがあります。


#46

そもそもTwitterで理不尽で一方的な凍結などがあったからマストドンに来た経緯があり、それを踏まえればただまた問題が起きれば逃げればいいとなっているのではないでしょうか。
逃亡先が別種のSNSから別のインスタンスになっただけで。
逃亡以外の選択肢をユーザーに与えることは管理者側からしかできません。それを考えれば先立って民主的システムを設ける需要はあるはずです。
逃げることもできなくなってからでしか多くのユーザーは民主主義を求めないと思います。だからこそ必要ではないですか?


#47

ユーザーを不幸にさせないインスタンス運営のために民主主義的なシステムを導入するのと、ユーザーが自らを不幸から逃がすために別のインスタンスに逃げるのは全く違う問題です。
逃げても結局そのインスタンスの運営は改善できません。
だからこそよりユーザーの意見を反映してユーザーで決定する運営システムが必要なのです。


#48

さて、最初に立ち返りましょう。

ここまではおおむね間違っていないと思います。
しかしこの前提があるにもかかわらず最後のこの一文が結論になってしまっているのがとても残念です。

トピック主様がこよなく愛するであろう民主主義の本質は、民衆が自ら行動を起こすことにあります。こと現実社会においては、行動を起こすと村八分となったり、弾圧されたり、最悪の場合処刑されることもありますのでそう簡単なことではありません。しかし、ここはWeb上です。行動を起こしても流石に命は奪われないでしょう。このように行動が容易な状況においてさえ、民主主義を求める行動が目立ちません。一体なぜであるかは少し考えれば明白でしょう。

そして、MastodonというSNSの大きな特色は、トピック主様もおっしゃる通り「自由に移住・独立できること」です。これはともすれば現実社会よりも高度な自由が保障されていると考えることができるのではないでしょうか。移住の自由が保障されている国はありますが、独立の自由を規定する国家は流石にないのではないでしょうか。(存在するとすれば私の不勉強です。)
Mastodonのユーザは、今のインスタンスが気に入らない場合は自由に他に移る権利を有するばかりか、自由に「おらが国」を造ってかまわないのです。そしてより魅力的なインスタンスが多くのユーザを獲得します。

Mastodonは仕組みとして他のインスタンスとも遜色なく、まるで内部にいるかのようにやり取りが可能であるため、移住・独立は現実社会での移住、独立に比して非常にハードルの低いものになっています。ソースコードは公開しなければならないため、拡張機能でさえコピーできます。
このような仕組みからしてMastodonは現状においても最高レベルの民主主義的システムを保持していると考えられますが、いかがでしょうか。


#49

それはさっきまでの意見の焼き直しでしかないと思います。本質的には代替案は何もないじゃないですか。
そういうことができても結局ただの利用者としては管理者のやりたい放題を防げない。


#50

それらは同じ問題であるとは思いませんが、私は「ユーザを不幸にさせないインスタンス運営のために民主主義的なシステムを導入」することは管理者よがりな発想であってユーザ視点ではないと思います。
ただ、

というのはよくわかりません。ユーザはそのインスタンスから逃げただけであってインスタンスの運営まで考える必要はないとおもうのですが。

加えて"結局逃げているから同じ"という話ですが、「TwitterからMastodon」や「mixiからTwitter」や「2chからしたらば」のようなものとは違ってAPをしゃべるネットワークにいることは変わらないし、逃げても全くおんなじ(さっきも言ったようにLTL/FTLは変わりますが)ようにMastodonのネットワークに居ることが可能なはずです。
そのことについて今までのサービスとは違うと考えてはいけないのでしょうか?


#51

答えは出ましたね。まさしくその通りです。

これもその通りです。

そして我々利用者は新しいインスタンスを造って管理者を挿げ替える術を持っているということだけです。

これ以上の何かを求めるのであれば、まずは自分から始めてみましょう。それが民主主義ではないですか。


#52

「ユーザが(インスタンスから)逃げる」というのは些か大規模インスタンスに視点が偏った考え方で、そもそも私は分散 SNS は理想的には個人インスタンスの直接的な連合であるのが良い(そして寄り合い所帯は妥協である)と考えます。

管理者が(サーバ所有者以外の)ユーザを不幸にするという現象は、管理者とユーザが一致しないからであって、個人インスタンスではその現象はそもそも起きえないものです。
つまり、

  • 大規模インスタンスにユーザがいる
  • そのインスタンスが嫌なら他にいく

この認識がそもそも本来(設計レベルで)意図された「自由」の在り方ではなく、

  • 個人が自身のみを統治し自分のみによって統治されるために、個人インスタンスを立てる
  • どうしても(金銭、手間、知識等やむを得ない理由で)個人インスタンスを立てられないユーザが、自由を手に入れる権利を放棄・委譲して寄り合い所帯インスタンスにいく

というのが現状の説明として適当であると捉えています。
スレ主さんは大規模インスタンスをモデルケースというか前提の在り方として捉えており、「他のインスタンスへ行く」というのを、適切な統治を放棄した逃げであるとお考えのように思われますが、私の視点ではそれは逆です。
自分(だけ)のインスタンスを立てることこそが、すべてのユーザの自由と、ひいては適切な統治や治安を実現するための最も有効で理想的な手段であり、そして寄り合い所帯の(管理者が自分のみでない)インスタンスに居着くこと自体が、既に適当な統治を(自分の意思で)放棄、委譲する行為です。

つまり、管理者のやりたい放題を防ぎたいならば、そもそも自分だけが管理者、自分だけが(ひとつのインスタンスの)直接のユーザであるべきであり、分散 SNS は、まさにそのための有効かつ強力な手段として設計されています。
管理者によりユーザが不幸になるのは、ユーザが分散に失敗した結果であり、その解決策はユーザが個人インスタンスを立てて自分自身を統治することであるはずです。
インスタンスというコミュニティの構成員が自分一人であれば、統治の上で問題は発生しないはずであり、それでもなおユーザは fediverse を通して、インスタンスを跨ぐ緩い繋がりを持つことができます(それこそが連合というアーキテクチャです)。

スレ主さんは、分散 SNS が実現する個人インスタンスという手段に、反対する強い理由をお持ちでしょうか?


#53

MastodonはActivityPubを使用したネットワーク全体として一つのシステムです。
その中にユーザを不幸にするインスタンスがあったとしても、ネットワーク全体がユーザーを不幸にすることにはおそらくならないでしょう。

もしすべてのインスタンスがユーザーを不幸にするような状況だったとしても、ユーザーが管理者となって新しいインスタンスを建てればその小さなネットワークからまた新しく広がっていくでしょうし。


#54

とりあえず、現在の運営とは違う運営方法に対する不安が同意を得にくい状況の元だと思われますので、民主主義を適用したインスタンスを立てて、実証してみせることが手っ取り早いのではないでしょうか。


#55

うーん、ようやくまともな意見をもらえたと思っていますが、確かにその通りはあります。
しかしマストドンの機能ではまだそれを実現するには足りないのではないでしょうか。
それもありですし、大所帯で民主的にやるのもまたありではないでしょうか。


#56

まあそうなんですが、システム的にはまだ機能不足なんですよね。
複数人で運営するのに必要な機能が足りないというか。


#57

ではそのような機能を実装することに共鳴できる開発者を募ってみてはいかがでしょうか。
まずは独自機能という形であれば誰に反対されることもなく実装することができます。


#58

現状、モデレーション権限などが増えたり管理者側の負荷分散みたいなはなしもありますが、運営方針自体で複数人の運営参加となるとなかなか難しいかもしれません。tootsuite/mastodonへその考えが必ずしも受けいれられるとは限りませんが、現状ではforkして独自機能として対応する以外はなさそうです。


#59

まあ文章力ないから言いたいことが伝わらないだろうと思ってたけど実際にここまで伝わらないというは流石に悲しいね。
そして露骨にブーイングするのも予想外というか絵文字機能の弊害だね。
まあ反対されるも想定内ではあったけども、皆さん礼儀正しく議論に応じてくださりありがとうございます。
#流石に-1する絵文字は失くした方が良いとは思う。


#60

賛成意見はもちろん反対意見も自由に表明できる環境が民主主義には必要ですね!